ディフィンドフューチャー

「メンテナンスで歯を守れる」これホント!

体の悩み

「メンテナンスで歯を守れる」これホント!
  • リバイタス
  • しじみにんにく
モンドセレクション金賞受賞 チャップアップ

機械、道具は定期点検とクリーニングというメンテナンスは不可欠です。
壊れてから直すのは、高くつきますよね。
これ常識!

ところがあなたは、歯の定期点検とクリーニングしてますか?

ほとんどの方が、「毎日、歯磨きしてますよ」と答えるのでは。

それではなぜ、日本では歯科医がコンビニより多いのでしょう!

それは、虫歯や歯周病などの予防には歯磨きだけでは不十分だからです。

歯を守っていくためには、歯に問題が起きてから歯科に行くのは、歯を失う道と言っても過言ではありません。

小さな虫歯なら、ちょっと削って詰める。
深く進んでいたら、神経まで取ってクラウンをかぶせる。

治療した詰め物、かぶせ物の寿命を調べた先生がいます。
岡山大学の森田学教授の研究によると、ほとんどの治療は10年もたないそうです。

詰めた物が外れる、かぶせたクラウンの下が虫歯になる、根の下に病変ができるといったトラブルが発生するからです。
あなたも心当たりありませんか。

虫歯をつくる菌や歯周病菌は、口の中で容易に増殖します。
歯磨きや糸ようじ、歯間ブラシで細菌や食べカスを取り除いても、どうしても取りきれない細菌が残ります。

歯は、熱いものから冷たいものまで繰り返し温度変化にさらされ、また、噛む力で圧力を繰り返し受けます。
歯が”金属疲労”を受け劣化するのは当然なのです。

だから詰め物やかぶせ物と歯の間に隙間ができたり、これらの人工物が外れたり、傷んだりします。

だからこそ、日ごろのセルフケアや定期的な歯科メンテナンスが重要になってきます。

「治療→再治療→歯の喪失」の悪循環から「8020」運動推進へ

歯は上下合わせて28本ありますが、厚生労働省の歯科疾患実態調査(2011年)によると、失った歯の本数は、
50歳代前半の平均で2.6本
60歳代前半で5.9本
70歳代前半で11.0本
だそうです。

そこで、80歳の時に20本の自分の歯を残そうと、日本歯科医師会や厚労省は「8020」運動を主唱していますが、それを達成できているのは約4割の方で、80歳で残っている歯の平均は、半分の14本です。

一方で、世界には「8020」を達成している国があります。
歯科衛生の先進国と言われるスウェーデンです。

スウェーデンの予防歯科は、1960年代末に歯科衛生士の教育が始まり、予防処置が行われるようになりました。
21歳以下は無料で歯科医療を受けることができ、幼いころからメンテナンスが習慣になっています。
22歳になると、メンテナンスに1回1万5000円程度かかりますが、市民の9割が継続してメンテナンス治療を受けているそうです。

ヤニ訴求LP

「メンテナンスで歯を守れる」

そんなスウェーデンに負けない予防歯科医療を日本でも実現しようとする歯科医がいます。

東京港区「日吉歯科診療所汐留」

初診では、口腔内の写真や歯のエックス線写真を撮影し、歯周ポケットの深さや歯茎の出血、唾液に含まれる細菌、唾液の量の検査をして、口の中の状態を把握する。
ほとんどの初診患者が虫歯や歯周病を持っているので、治療をしてから口内のチェックとクリーニング、歯を強くする高濃度フッ素の塗布して終わり。
このメンテナンスの頻度は3か月に1度。

「予防軽視」の保険制度

日本で、歯科メンテナンスが普及しなかった理由は、健康保険制度にありそうです。

少ない自己負担で医療を自由に受けることができる日本の健康保険制度は優れた制度ですが、歯科では必ずしも良いことばかりではなかったようで、「治療」は保険でカバーするできるものの、「予防」は保険対象外なのです。
だから、治療後の歯科メンテナンスは、人間ドックと同じ自費負担になるのです。

それと健康保険は、治療をしないと医者はお金にならないということ。
歯科医は、医療に対してお金が支払われるので、削って詰めてかぶせるという作業を多くこなすほど収入が増える。
そのため、一度治療が必要になると、「治療→再治療→歯の喪失」というサイクルに入ってしまうのです。

歯科でメンテナンスを受けるには、自費での負担を覚悟しなければなりません。

それは、美容院、理髪店に行くのと同じです。
髪を手入れするのは自費ですよね。
自分の歯を3ヵ月に一度手入れするため、自費で歯科に通うのは当然の負担だと思いませんか。
だって、それで80歳まで自分の歯で美味しく食事ができるのですから。

口内の衛生管理は、全身の健康や寿命をも左右すると言われています。
そう考えると、歯科メンテナンスにもっと真剣に取り組んで健康な老後を目指して下さい。

歯の黄ばみをきれいする、
厚生労働省が認定した医薬部外品の
『薬用ちゅらトゥースホワイトニング』

歯の黄ばみだけでなく、口臭予防にも効果!
むし歯率全国ワースト一位の沖縄から生まれた商品!

毎日使い続けることで、
歯が白くなり、見た目印象が向上します。

初回お届け時に
歯の専門家が開発に携わった「ワンタフトブラシ」が付いてきます。

出典 http://cp-url.net

ヤニ訴求LP

リバイタス
1
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

ディフィンドフューチャー

月別アーカイブ

今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?