ディフィンドフューチャー

”がん”が原因で亡くなる人が増え続ける唯一の国「日本」

医療・医学

”がん”が原因で亡くなる人が増え続ける唯一の国「日本」
  • リバイタス
  • しじみにんにく
モンドセレクション金賞受賞 チャップアップ

先日、小林麻央さんが34歳の若さで、がんで亡くなられましたが、どうして日本でがんで亡くなられる方が毎年増加しているのでしょうか。

そこで、調べてみると日本のがん治療の問題点が見えてきました。
それは、厚生労働省、医師会、製薬会社を含めた医療保険制度にありそうです。

「がん大国」日本は、後進国!?

日本人の平均寿命は、

女性が86・61歳で世界一。
男性は80・21歳で第4位。

この数字だけみて、日本人は健康だと考えているのは私達日本人だけのようです。

米国で1年間にがんで死ぬ人は、約57・5万人。
日本人は約36・5万人。
これを人口10万人当たりで換算すると、日本人の死亡数は米国の約1・6倍にもなっているのです。

それと意外ですが、先進国でがんが原因で亡くなる人が増え続けている唯一の国は日本で「がん大国」なのです。

がん研究振興財団のデータでは、1年間で新たにがんと診断された人は約75万人で、国際がん研究機関の発表によると、世界中で、がんで死ぬ人の65%は発展途上国の国民なのです。
日本は発展途上国ですか!

がんの患者数が増えれば、がんで死ぬ人が増えるのは当然のことのように思えますが、実はそうではないのです。

先進国では、高度な検査設備があることから早期のがんが発見され、患者数が増加しているのですが、その場合、見つかったとしても高い治療技術があれば、がんを治すことができるはずで、がんによる死亡数が減少していくのが当然ですよね。

ましてや、先進国の中でも、日本の医療はトップクラス。
とくに手術の技術は、世界一とも言われる日本でなぜ、がん死が増え続けているのでしょうか。

日本の治療現場における構造の問題

日本では、がんの医者といえば外科医が主流です。
検査でがんと診断されたらまず外科に行くことになります。

ですが欧米では、外科医と放射線科医、抗がん剤を専門とする腫瘍内科医の3者が、その患者にとってベストな治療法を話し合って選択すのが基本です。

しかし、日本では医者が『がんは手術で治すもの』という選択をしがちです。
それは、腫瘍は除去しないと転移する可能性があるとの理由から、まず手術が選択されることになります。
その証拠に、日本での放射線治療の割合は約25%ですが、アメリカでは60%程度。

では、なぜ日本で放射線治療や抗がん剤治療が少ないかというと、通院治療の場合、診療報酬は高くなく、差額ベッド代がないと経営が成り立たないからです。
病院は、経営上手術をして、入院をしてもらうほうがありがたいのです。
今の日本の医療は、医療者の立場からしか考えられていないものが多いと感じませんか。

抗癌剤が、マスタードガスから作られた”発癌性物質”であることは常識

「現在の癌の抗癌剤による通常療法は

「抗ガン剤・多剤投与グループほど”命に関わる副作用”は7~10倍」
「腫瘍が縮んでも5~8ヶ月で再増殖」
「多剤投与グループは腫瘍は縮んでも生存期間が短い」
「腫瘍を治療しないほうが長生きする」

と現代の治療”常識”を覆す治験結果が記されており、さらには「抗ガン剤では患者は救えない」「投与でガンは悪性化する」と結論づけている。

出典 http://dailyrootsfinder.com

通常療法と非常療法(代替療法)の比較

非通常療法とは食事・栄養・免疫・自然食・精神療法により身体の抵抗力を高めて、自然に治そうという考え主体の治療法をいう。

その結果・・・
非通常療法の方が副作用無く治癒率が高いという結論になったのです。

これらの報告を受けてアメリカ政府は1992年に、NIH(国立衛生研究所)の中に補完代替医療局を設け、補完代替医療を科学的に研究し評価する作業を始めました。

安全性に問題があれば国民に警報を伝え、安全で有効ならどんどん活用すればいい、というスタンスです。

年を追って補完代替医療局は拡大の一途をたどり、1998年にはNCCAM(国立補完代替医療センター)と名前を改称して国立医療センターの一つに位置づけられました。

アメリカ医科大学協会の125大学のうち82大学が補完代替医療についての授業や卒後教育コースを設け、ハーバード大学・スタンフォード大学・コロンビア大学などの超一流大学が補完代替医療研究センターを設立しました。

出典 http://www.aamaa.jp

急増する補完代替療法の臨床試験

出典 http://dailyrootsfinder.com

アメリカNCCAM(国立補完代替医療センター)による代替療法

出典 http://dailyrootsfinder.com

このように欧米では、がん治療は手術でなく人間の生命力としての再生能力を高めることに主眼が置かれています。

皆さんも、検診と生物としての生命力アップに努めて、がん細胞を退治して下さい。

簡単・低コスト・安心!がんの早期発見をサポートする
がん予防メディカルクラブ「まも~る」

出典 http://

リバイタス
1
  • 今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

ディフィンドフューチャー

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ