ディフィンドフューチャー

息子が『パパの時給はいくら?』と聞いた理由とは!?

感動・話

息子が『パパの時給はいくら?』と聞いた理由とは!?
  • リバイタス
  • しじみにんにく
モンドセレクション金賞受賞 チャップアップ

毎日、朝早く出勤し、夜は終電近くにに帰宅する日本のサラリーマン。
朝のラッシュアワーをみれば、日本のサラリーマンの方々がどれだけ忙しく、一生懸命働いているかわかりますが、その裏で、寂しい思いをしている家族がいることを忘れないで下さいね。
これは父子家庭の息子とお父さんの会話です。

息子:パパ、ひとつ訊いていい?

パパ:なんだい?

息子:パパの時給はいくら?

パパ:ほっといてくれ!どうしてだい?

息子:なんでもいいから教えてよ。パパの時給はいくら?

パパ:そんなに言うなら…う〜ん、時給100ドルくらいかな。

息子:えっ!(うつむきながら)パパ50ドル貸してくれない?

パパ:くだらないオモチャを買うために?いますぐベッドに入って反省してなさい!
   パパはそんなことの為に働いているんじゃないんだ。

男の子は静かに自分の部屋に戻りドアを閉めました。

ぶしつけな質問にカッとなったパパも、しばらくして少し冷静さを取り戻しました。
お金を借りたいなんて、あの子らしくない態度だったな。
彼は息子の部屋の前に行きドアを開けました。

パパ:起きてるかい?

息子:…うん。

パパ:さっきはきつくあたってすまない。ほら、ここに50ドルあるよ。

男の子は笑顔で立ち上がりました。

息子:ありがとうパパ!

そしておもむろに枕の下からお札の束を取り出し数え始めました。

パパはまたしてもカンカンです。

パパ:どうしてお金を持ってるのに貸してだなんて言ったんだ!?

息子:だって足りなかったから…。でももう大丈夫!
   パパ、ここに100ドルあるよ。パパの1時間分。
   だから明日は1時間早く帰ってきて、
   夕ごはん一緒に食べようよ!

パパは打ちひしがれました。
男の子を力いっぱい抱きしめ、許しを請いました。

ただがむしゃらに働き続けているあなたへ。

時間は私たちの指の隙間からこぼれ落ちていきます。
愛する人との時間は100ドルで買えますか?
もし明日死んでしまうとしたら、会社には我々の代わりになる人がいます。
でも家族や友人は、残りの人生を喪失感と共に生きることになるでしょう。
そのことを思えば、もっと家族との時間を大事にできるかもしれませんね。

人生にはもっと大事なことがあると思いませんか。

SON: "Daddy, may I ask you a question?"

DAD: "Yeah sure, what is it?"

SON: "Daddy, how much do you make an hour?"

DAD: "That's none of your business. Why do you ask such a thing?"

SON: "I just want to know. Please tell me, how much do you make an hour?"

DAD: "If you must know, I make $100 an hour."

SON: "Oh! (With his head down).
SON: "Daddy, may I please borrow $50?"
The father was furious.


DAD: "If the only reason you asked that is so you can borrow some money to buy a silly toy or some other nonsense, then you march yourself straight to your room and go to bed. Think about why you are being so selfish. I work hard everyday for such this childish behavior."

The little boy quietly went to his room and shut the door.

The man sat down and started to get even angrier about the little boy's questions. How dare he ask such questions only to get some money?
After about an hour or so, the man had calmed down, and started to think:
Maybe there was something he really needed to buy with that $ 50 and he really didn't ask for money very often. The man went to the door of the little boy's room and opened the door.

DAD: "Are you asleep, son?"

SON: "No daddy, I'm awake".

DAD: "I've been thinking, maybe I was too hard on you earlier. It's been a long day and I took out my aggravation on you. Here's the $50 you asked for."

The little boy sat straight up, smiling.

SON: "Oh, thank you daddy!"

Then, reaching under his pillow he pulled out some crumpled up bills. The man saw that the boy already had money, started to get angry again. The little boy slowly counted out his money, and then looked up at his father.

DAD: "Why do you want more money if you already have some?"

SON: "Because I didn't have enough, but now I do.
"Daddy, I have $100 now. Can I buy an hour of your time? Please come home early tomorrow. I would like to have dinner with you."

The father was crushed. He put his arms around his little son, and he begged for his forgiveness.

It's just a short reminder to all of you working so hard in life. We should not let time slip through our fingers without having spent some time with those who really matter to us, those close to our hearts. Do remember to share that $100 worth of your time with someone you love? If we die tomorrow, the company that we are working for could easily replace us in a matter of days. But the family and friends we leave behind will feel the loss for the rest of their lives. And come to think of it, we pour ourselves more into work than to our family.

Some things are more important.

出典 http://

週に1度は、家族で夕食をとる時間をとりませんか.

疲れて帰宅した父親は、幼い息子の質問に面倒くさそうに答えた。しかし質問の真意を知ったとき、彼の目に涙があふれた。

イミシンさんの投稿 2016年10月26日

2014年モンドセレクション金賞受賞
あなたの体に元気を呼び覚ます!
『しじみにんにく極』
・しじみに含まれる「オルニチン」
・にんにくに含まれるアリシン」「ビタミンB1」
・すっぽんに含まれる「天然コラーゲン」「DHA/EPA」
10年以上の販売実績で、お客様の信用と信頼を得ており
これまで1万通を超える喜びのハガキが届いています。

出典 http://track.affiliate-b.com

しじみにんにく

リバイタス
1
  • 指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?
  • 指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

ディフィンドフューチャー

月別アーカイブ

指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?