5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

“乳がんとは闘わない”と決意させたわけとは!

体の悩み

“乳がんとは闘わない”と決意させたわけとは!
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

男性では、40歳以上で消化器系のがん(胃、大腸、肝臓)が多くを占めていますが、
女性では、40歳代では乳がん、子宮がん、卵巣がんの死亡が多く、高齢になるほどその割合は減少していきます。

このように、今や日本人の2人に1人がかかる病気と言われている、がんですが、
もし、自分にがんが襲ったとき、ほとんどの人の頭に浮かぶのは「手術」や「抗がん剤による治療」ではないでしょうか。

しかし、余命2年の宣告を受けたにも関わらず“がんと闘わない”ことを選択した主婦がいたのです。

「そのままの寿命を全うしたいと強く思った」と

その主婦とは、末期の乳がんを患う吉野実香さんです。
彼女が選択したのは、治療を受けずにありのままに生きるということ。

美容師の夫・哲未さんとの間には男の子がおり、幸せな家庭を築いていました。

しかし、結婚して15年が過ぎた頃、実香さんは右胸にしこりを感じていたのですが、仕事の忙しさもあり、あまり気にかけていなかったそうです。

しかし、次第に右胸のしこりが悪化し、痛みだけでなく出血や膿まで起き、診断の結果は、「乳がん」。
しかも、がんは初期ではなくリンパまで転移しており、早く手術をしなければ余命は2年と宣告されました。

告げられた乳がんはステージ3。
手術をしても完治するかは分からないという状況です。

最初は家族と相談し、実香さんは手術を受けることを決意しますが、実香さんの腫瘍は大きすぎて手術できないため、先ずは抗がん剤で腫瘍を小さくしてから手術することになります。

しかし、実香さんはさまざまな患者を見てきた経験から
「副作用で苦しい思いをして、家族にも迷惑をかけるのは嫌だ」
「自分がそういう状況になったら、そのまま寿命を全うしたい」
という思いが強くなったといいます。

夫・哲未さんは、実香さんががんと闘わない決断をした当時、必死で「まだ僕にはお母さんが必要だ。自分だけの命だと思っているのか」と泣きながら説得したそうです。

しかし、実香さんは「でも、これは私の人生だ」と譲りませんでした。

実香さんが『死』を意識して書き続けている「エンディングノート」があります。

そこには、哲未さんには分からない銀行や保険の手続きのことなど、自分が死んだ後家族が困らないよう、身の回りのことなどが事細かに記されています。


がんとの向き合い方は人それぞれですが、どの選択をしても患者の覚悟、家族の理解なくしては無理です。
哲未さんは、治療することだけが、がんとの闘いではないとの思いを語っています。

現在は、抗がん剤でなくてもがんを制御できるホルモン剤による内分泌療法など、さまざまな治療法があるそうです。
小林麻央さんは、「水素温熱免疫療法(H2アクアサーミア)」で快方に向かっているとの報道もありました。

実香さんのがんが治ることを祈らずにはいられない報道番組でした。

小林麻央さん乳がんステージ4

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

明るく元気の素メルマガ登録
姓名* (姓)  (名)
メールアドレス*

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
1
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ