ディフィンドフューチャー

アインシュタインの式(E=mc^2)を人生に当てはめてみませんか!?

感動・話

アインシュタインの式(E=mc^2)を人生に当てはめてみませんか!?
  • リバイタス
  • しじみにんにく
モンドセレクション金賞受賞 チャップアップ

宇宙の誕生をYoutubeで見ていたら
有名なアインシュタイン数式E=mc^2が出てきました。

エネルギー( E)= 質量(m)×光速度(c) の2乗

この式を見ていて、はっと気付いたのです。

それは、E、m、cを次のように置き換えられるのでは
ないかということ。

 エネルギー=情熱=やる気

 質量=もの=お金

 光速度=スピード=時間

そうすると、次のように変換できます。

 やる気(情熱)=お金 × 時間

∴ 金 = やる気(情熱) / 時間

そうなんですやる気(情熱)が大きければ大きいほど
そして、それをする時間が短ければ短いほど
得られる成果(お金)は、大きくなるということです。

短期間にやる気を持って集中して取り組めば
お金という質量に変換されてくるのです。

この発見は、私にとって素晴らしいことです。

だらだらと時間をかけてやるのでなく

何事も集中して取り組まなければ、
収益は得られないという真理を
アインシュタインは証明していたのです。

正しいアインシュタインの法則  E=MC^2 の理解

「E=mc^2」、これを導き出したのが相対性理論です!

「観測者によって光の速度が変わるのはなぜ?」

という疑問と

「でも、計算すると光は一定にしかならない!」

という一見相反する疑問が出てきた時代に

「光の速度は一定だけど、もしかして時間とか空間とかは変化しているのでは?」

って思ったアインシュタイン。

それも思考実験だけで辿りついたのですから天才としかいいようがありません。

で、その思考実験を証明するために長い長い長い長い計算の果てに、矛盾が無く証明に足りると思われる出てきた数式が

E^2=m^2c^4+p^2c^2

ここで、Eはエネルギー、mは質量、pは運動量、cは光速。

この式は、エネルギーは、質量と運動量と光速を使うとみんな説明できる式。

上の式を使って静止している物体のエネルギーを考えると、運動量は0なんでpも0。

残った数式は、

E=mc^2

この式によって質量をもつ物体のエネルギーが信じられないくらい大きいってのが分かった。

これが特殊相対性理論です。

その後、この式を「一般的な環境」でも使えるように発展させたのが一般相対性理論です。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

明るく元気の素メルマガ登録
姓名* (姓)  (名)
メールアドレス*

リバイタス
1
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

ディフィンドフューチャー

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう