モンドセレクション金賞受賞 チャップアップ
ディフィンドフューチャー

👍女医さんい診てもらった方が死亡率低いんだって!本当?

医療・医学

👍女医さんい診てもらった方が死亡率低いんだって!本当?
  • リバイタス
  • しじみにんにく
モンドセレクション金賞受賞 チャップアップ

『死にたくなければ女医を選べ! 』

「女性医師(内科医)が担当した入院患者は男性医師が担当するよりも死亡率が低い」。
日本人研究者(米国在住)が、米国医師会の学会誌で発表したら、ワシントンポスト紙、ウォール・ストリート・ジャーナルなどの有力一般紙がこぞって取り上げ騒ぎになっているようです。

『死にたくなければ女医を選べ! 』という報道まであったとか。

果たして、女性医師に診てもらった方が安全なのでしょうか。

その論文を書いたのはハーバード公衆衛生大学院の津川友介氏。

医師・歯科医師・薬剤師調査の概況(厚生労働省)によると、2014年12月31日現在の医師数は31万1205人で、このうち病院や診療所で働いている医師は29万6845人、男性医師が23万6350人、79.6%、女性医師が6万495人、20.4%。

女性内科医が担当した入院患者は 男性が担当するより死亡率が低い

論文が掲載されたのは昨年12月、米国医師会学会誌JAMA Internal Medicine「女性内科医が担当した入院患者は、死亡率や再入院率が低い」。

調査対象はメディケア(高齢者・障害者向けの公的保険)に加入している65歳以上の高齢者で、肺炎や心疾患、COPD(慢性閉塞性肺疾患)など日本でもおなじみの内科の病気で緊急入院した患者およそ130万人。

対象患者の入院後の経過と担当医の性別との関連を解析するため、メディケアに登録されたデータから病状や診療に関するデータを入手し、入院日から30日以内の死亡率(30日死亡率)と退院後の30日以内に再び入院する確率(30日再入院率)を女性医師と男性医師とで比較。

この際、患者の重症度や年齢、入院の原因以外に持っている病気など患者の特性と、医師の特性(年齢、出身医学部など)、入院している施設をそろえるなど、様々な条件を補正した後の30日死亡率をみると、女性医師の担当患者は11.1%、男性医師は11.5%、再入院率はそれぞれ15.0%と15.6%で、女性医師が担当した患者のほうが死亡率、再入院率ともに「統計学的に有意」に低いことが判明したというのです。

これは統計データから判明した事実です。
実はこの「統計学的に有意に」がミソ。
つまり、偶然や計算上の誤差では説明がつかない「明らかな理由」で、女性医師に担当してもらったほうが命拾いする確率が高い、ということが示されたのです!

研究者の一人が
「この死亡率の差が真実であれば、仮に男性医師が女性医師なみの医療を提供すれば、メディケアの対象者だけでも年間3万2000人の命を救える」
とコメント。

一般に女性医師は、診療ガイドラインなどルールの遵守率が高く、エビデンス(科学的根拠)に沿った診療を行うほか、患者とより良いコミュニケーションを取ることや、女性医師は専門外のことを他の専門医によく相談するなど、可能な限りリスクを避ける傾向があることもこの要因にあげられています。

病院を選ぶ際に、病院ランキング本や口コミを参考にしている方もおられるかと思いますが、評価の根拠は曖昧です。
評判の良い病院で働いているからといって医師個人の医療の質が高いとは限りません。
できれば医師個人の医療の質を評価する情報がほしいですね。

地域の女医さん、さっそく探さなくっちゃ!


⚡ 人生を明るき元気に生きていくための情報サイト ❗


⚡ 業界初の無料「まとめサイト」 Dreamersプロジェクト ❗


⚡SIMフリー&格安スマホ個人取扱事業のご案内 ❗


⚡インスタグラムを使った集客方法 ❗


リバイタス
1
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

【英語ぺらぺら君初級編】 歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法 ダメ?2chの評価

ピックアップ!

モンドセレクション金賞受賞 チャップアップ

タグ

月別アーカイブ

人気記事ランキング

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう