ディフィンドフューチャー

✨乳がんで妻を亡くした読売テレビの清水健アナウンサー(40)が来年1月末退社理由とは!

感動・話

✨乳がんで妻を亡くした読売テレビの清水健アナウンサー(40)が来年1月末退社理由とは!
  • リバイタス
  • しじみにんにく
モンドセレクション金賞受賞 チャップアップ

関西の夕方の顔、読売テレビの清水健アナウンサー(40)が来年1月末で退社するそうです。

彼は、昨年2月に愛妻を29歳の若さで亡くし、今は2歳の息子を抱えながら夕方のニュース番組「かんさい情報ネットten.」(月~金曜後4・47)のメインキャスターを担当しています。

清水アナは、スタイリストだった奈緒さんと2013年5月に結婚。
しかし、奈緒さんは翌年4月に妊娠が分かった直後に乳がんが見つかります。

そして治療を続けながら長男を出産しましたが、悪性のがんで進行が早く、昨年2015年2月に息を引き取りました。

その間、清水アナは亡くなる直前の約10日間を除いて看病しながら番組出演を続けていたのです。

2016年2月、自身初の著書『112日間のママ』を小学館から刊行。

今年2016年2月には亡き妻への思いをつづった著書「112日間のママ」(小学館)を発表。
わずか1カ月で10万部を突破するなど反響はすさまじく、直後から医療施設や市町村からの講演依頼が殺到。

「こんな僕でも役に立てることがあれば何でもやりたい」と取材で答えたこともあり、今ではほぼ毎週末を講演にあて、休日のない状態が続いているとか。

著書の印税を、がんの新薬開発や難病対策に取り組む団体などに寄付、助成するための基金『一般社団法人清水健基金』を立ち上げます。

是非、1冊購入して応援していただければ、幸いです。

「息子は生まれてから112日間しか、ママの温もりを感じることができませんでした。でも今、一緒にいちごを食べていて“これ、おいしいからママにも食べさせてあげようか”って話しかけると、リビングに飾ってあるママの写真の前にいちごをトコトコ歩いて持って行くんですよ。

 写真の中の動かない奈緒を“ママ”だと認識しているのか、それとも、自分にはママがいないってわかっているのか。息子にとって、ママって一体なんなのか、正直、ぼくにはまだわかりません」

「まだ2才4か月の息子には面と向かってママがいない理由を話したことはないんです。近所の公園に遊びに行ったとき、お友達にはママがいるけど、自分にはいない。もしかしたらその違いに気づき始めているのかもしれませんけど、ママが今どこにいるのか、はっきりとはわかっていないと思います」

「今回は治療だけに専念してみては」――医師の助言にふたりが出した結論は「子供も治療もあきらめない」

「いろんな病院をかけずり回って、もしかしたら、奈緒の負担を増やしただけだったのかもしれません。でも、守りたかった。絶対に。そんなぼくたちの想いとは関係なく、奈緒の病気は進行していた。

 奈緒は、その時を家族と一緒に迎えました。神戸にある施設は、治療をしながら一緒に生活できるという、患者と家族の生活の質に配慮した専門機関でした。24時間一緒で、家に居るような心持ちになれました。ママになって3か月の奈緒にとっては、息子と一緒にいられることが何よりだと思ったんです。

 転院してからの奈緒は、意識ももうろうとして、担当のお医者さんの名前もわからないぐらい。でも、息子とぼく、家族のことだけは、ずっとわかってくれていました。前日の夜には、奈緒、息子、ぼくと3人で川の字で横になりました。病室をのぞいた家族からは、“いつもの幸せそうな光景だった”って。それから何時間もしないうちに、さよならの時がきました。ぼくは奈緒の腕に寝ている息子を抱かせて、病室を出ました。母子ふたりだけにしてあげる時間が、奈緒にも息子にも必要な気がしたんです」

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

なんと心の強いひとでしょうか。
何回みても涙がとまりません。

でも、いつかは若くして亡くなられた奈緒さんのためにも、息子さんとあなたを愛して支えてくれる素敵な女性が現れますように!

しじみにんにく

明るく元気の素メルマガ登録
姓名* (姓)  (名)
メールアドレス*

リバイタス
1
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

ディフィンドフューチャー

月別アーカイブ

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!