ディフィンドフューチャー

近赤外線でがん細胞が1日で消滅!―日本人研究者が開発

医療・医学

近赤外線でがん細胞が1日で消滅!―日本人研究者が開発
  • リバイタス
  • しじみにんにく
モンドセレクション金賞受賞 チャップアップ

人体に無害な近赤外線を照射して、がん細胞を消滅させる新しい治療法「近赤外光線免疫治療法」を開発したのは、米国立がん研究所の小林久隆・主任研究員。

がん患者を対象にする臨床試験も順調に進み、2~3年後の実用化を目指しているとか。

がん治療法には、「外科手術」「放射線療法」「化学療法」の3つがありますが、外科手術は患者の身体への負担が大きく、他の2つは副作用があります。
さらに転移・再発防止などにも課題がありました。

これに対し、小林氏の開発した新しい治療法はがん細胞の死滅率が極めて高く、ほとんどのがんに適用できます。
やっかいな転移がんにも有効で、副作用がなく、必要な設備や薬品は安価なので、医療費の削減にも大いに貢献しそうです。

近赤外線を使うがん治療は、従来の医学の常識からすると全く予想外の方法だとか。

この治療法は、がん細胞だけに特異的に結合する抗体を利用します。
その抗体に、近赤外線によって化学反応を起こす物質(IR700)を付け、静脈注射で体内に入れます。
抗体はがん細胞に届いて結合するので、そこに近赤外線の光を照射すると、化学反応を起こしてがん細胞を破壊します。

治療には近赤外線のうち、波長がもっとも短く(700ナノメートル:nm、1nmは10億分の1メートル)エネルギーが高い光を使います。
IR700はフタロシアニンという色素で、波長700nmの近赤外線のエネルギーを吸収する性質を持っています。
その化学反応で変化したIR700ががん細胞の膜にある抗体の結合したたんぱく質を変性させ、細胞膜の機能を失わせることによって1~2分という極めて短時間でがん細胞を破壊します。
その様子を顕微鏡で見ると、近赤外線の当たったがん細胞だけが風船がはじけるようにポンポンと破裂していくとか。

この治療法には、ほぼ副作用はなく、安全性が確認されています。
そもそもがん以外の正常細胞には抗体が結合しないので、近赤外線が当たっても害はありません。
また抗体が結合したがん細胞でも、この特殊な近赤外光が当たらなければ破壊されません。

つまり抗体が結合して、かつ光が当たったがん細胞だけを破壊するという高い選択性を持つ治療法なのです。
これほど選択性が高いがんの治療法は過去にありませんでした。

近赤外線はテレビのリモコンや果物の糖度測定などに使われるおなじみの光です。
可視光と違って人体をある程度深くまで透過しますが、全く無害です。
抗体は、米国食品医薬品局(FDA)ががん治療に使うものを20数種類認可しており、毒性が少ないことが証明済みなので、現在は、まずこの中から選んで使っています。

IR700は、本来は水に溶けない物質で体内に入りませんが、中にシリカ(ケイ素)を入れて、水に溶ける性質に変えています。
1日で尿中に溶けて排出されるので、これも人体には無害です。

この治療法は、皮膚がんのような身体の表面に近いものだけでなく、食道がん、膀胱がん、大腸がん、肝臓がん、すい臓がん、腎臓がんなど、全身のがんの8~9割はこの治療法でカバーできるそうです。

近赤外線の照射はがんの部位に応じて、体の外から当てることもあれば、内視鏡を使うこともあります。
がんの大きさが3cmを超えるような場合は、がんの塊に細い針付きのチューブを刺し、針を抜いて代わりに光ファイバーを入れ、塊の内側から近赤外線を照射します。

臨床試験の認可はFDAから2015年4月に出ました。
治療法の毒性を調べるフェーズ1は、頭頸部の扁平上皮がんの患者さん10人を対象にして行い、全く問題なく終わりました。
この10人はがんの手術をした後に放射線治療や化学療法をやっても再発し、どうしようもなくて、臨床試験に参加した方たちです。
現在は30~40人の患者さんを対象に治療効果を調べるフェーズ2に入ったところだそうです。

この治療法には副作用がなく、抗がん剤のような蓄積量の上限がないので、何回でも繰り返し治療することができます。

実際にフェーズ2では、既に一度で治りきらなかった患者さんに繰り返しの治療を行っています。

この先、一般的には従来方法との比較検討をするフェーズ3に進むのですが、もしフェーズ2で顕著な効果が出れば、フェーズ2を300人程度まで拡張してフェーズ3を省略し、治療法としての認可を受けられる可能性があります。

2~3年後には実用化する計画だそうですが、1日でも早く実現できるといいのですが。

小林久隆 米国立がん研究所(NCI)主任研究員 略歴

1961年西宮市生まれ。
1987年京都大学医学部卒。
1995年同大学院修了し医学博士修得。
1995年よりNIH臨床センターフェロー。
2001年よりNCI/NIHシニアフェロー。
2004年よりNCI分子イメージングプログラムで主任研究員として、基礎研究開発部門を主導。
専門は、がんの新しい画像診断方法とがん細胞の超特異的治療(近赤外光線免疫療法)の開発。
近赤外光線免疫療法の開発は、2012年にオバマ大統領の一般教書演説で紹介され、2014年にNIH長官賞を受賞した。
近赤外光線免疫療法は、アスピリアン・セラピューティクスにライセンスされ、2015年より頭頸部がん患者を対象にした最初の臨床治験が開始された。
これらの開発で4回のNIH Tech Transfer Awardを受賞しており、NCIでは今世紀に入って初めての日本人テニュア主任研究員となった。
日本では第38回日本核医学賞等を受賞する研究者であったと同時に、11年の臨床経験がある放射線診断、核医学、消化器内視鏡の専門医でもある。
これらの日米での功績によって2012年に、日本政府の国家戦略室より「世界で活躍し『日本』を発信する日本人」の表彰を受けている。
現在、アメリカ化学会の雑誌など欧米の7誌で編集委員、多くの国際学会でプログラム委員をしている。



⚡ このキュレーションサイトが無料で使えます! ⚡
↓  ↓  ↓

❗ WE HAVE A DREAM project ❗ (マニュアル付き)

リバイタス
1
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

ディフィンドフューチャー

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう