ディフィンドフューチャー

鳥取大が、ガン細胞を正常な細胞へ変えることができるRNA分子(核酸分子)を発見!

医療・医学

鳥取大が、ガン細胞を正常な細胞へ変えることができるRNA分子(核酸分子)を発見!
  • リバイタス
  • しじみにんにく
モンドセレクション金賞受賞 チャップアップ

鳥取大学の研究グループが、『未分化がん細胞』を正常な細胞や良性のがん細胞に容易に変化させられることを世界で初めて発見したという。

単一のマイクロRNAを悪性度の高い『未分化がん』に導入すると、容易に悪性度を喪失させることができ、正常幹細胞へ形質転換できるという。

つまり、
「がん細胞は正常細胞から発生するが、その細胞に戻ることはできない」
「がんは治らない。」
そのように考えられてきたが、今回、癌細胞を正常細胞に変える方法を見つけたというのだ。

まさにノーベル賞級の発見!

がん細胞のメカニズム

悪性度の高い『未分化がん細胞』とはなにか?
カラダの細胞は、約60兆個の細胞からなっている。
そして細胞分裂では、細胞の設計図であるDNAを毎日数千億回、コピーしている。
この約60兆個のうち毎日1%くらいの細胞が死ぬので、細胞分裂をして、減った細胞を補う必要があるためだ。
遺伝子をコピー⇒新しい細胞を増やすのだが・・・
この遺伝子のコピー作業で、コピーミスを起こすことがある。
これが遺伝子の突然変異。

がん細胞とは、もともと正常な細胞が、何らかの要因によって正常細胞内のDNAが損傷し、修復しないまま残り、さらにがんを誘発する何らかの環境の下で細胞分裂を繰り返していくとがん化するとされている。

ある遺伝子に突然変異が起こると、細胞は死ぬことができなくなり、止めどもなく分裂を繰り返すことになる。
この「死なない細胞」が、がん細胞。


細胞分裂の過程

細胞の分裂の過程をみてみよう。

未分化→低分化→中分化→高分化になるにつれ細胞が成熟していく。

まだ特定の器官に分化する前の細胞ががん化したもので、細胞分裂のスピードが速く最も悪性度が高いがんだと言われている。

未分化がん細胞は、病変の速度が速く、発見が遅れることが多く、拡散しやすく、他の臓器に転移しやすい。

未分化の細胞はどのような器官に成熟するか決まっておらず、どこの場所に落ち着くものなのかもわかっていない。

ということは分化度が低いほど、どこへでも行くことができてしまう、つまり転移が最も生じやすいということになる。

そのため、未分化型のがん細胞は、手術・化学療法・放射線治療では治療が難しい。

この悪性とされる『未分化がん細胞』を、今回発見したRNA分子(核酸分子)で正常な細胞に戻せたということが、マウス実験で、確認された。
なんと悪性のがん細胞が約1ヶ月で正常な肝組織へと戻ったというのだ。
そして、抗がん剤が効きにくい悪性度の高いがん細胞は12時間程度で良性に変わった。

新発見の道筋

研究グループでは未分化のヒトがん細胞について、その遺伝子の解析を行っていた。

生命活動のためにデオキシリボ核酸(DNA)から発生するマイクロRNAを研究し、5年前からはマイクロRNAの一種の「520d」の働きを調べてきた。

その過程で未分化型肝がんに発見したこのRNA分子「miR-520d」を導入すると、約1ヶ月で正常肝組織への形質転換を確認することができることを発見したという。

マウス実験だが「miR-520d」というヒトマイクロRNAを未分化の肝がん細胞の中に導入したところ、奇形腫や正常肝臓組織を形成したり、腫瘍をまったく形成しなかったという。

発見したRNA分子(核酸分子)は、幹性誘導を経て、脱メチル化およびP53の高発現により、癌細胞を良性細胞や正常細胞に変えうる特徴を持つ。
さらに他の未分化がんにおいても、これが可能であることが明らかになった

つまり、「遺伝子解析のノウハウを癌の方に使ってみたら、癌細胞を正常な細胞に戻せちゃった」ということだ。

既に複数のマウス実験でその効力が証明されており、成熟型奇形腫、正常肝組織、腫瘍非形成の全てで効果が確認済みという。

将来展望

これまではがん細胞を殺すのみだったが、このRNA分子の場合、がん細胞を死滅させるのでなく、がんとなった細胞をもとへ戻せる可能性がある。

核酸を構造の一部に持つ「核酸医薬品」へ応用できれば、病気の原因となっている遺伝子に直接働きかけることができる。
このたった1つのRNA分子からなる製剤開発により、がん(癌)に対する有効な医薬品に応用できる可能性があるといことになる。

抗がん剤は、がん以外の正常な細胞にも影響するため副作用の心配があるが、マイクロRNAは他の細胞に悪影響を与えないという。

この発見を応用すれば、これまで治療法がなかった末期的なガンにも治療を施せる可能性があるし、また抗ガン薬が有効に効かなかったガンに対しても治療を行うことができる可能性もでてくる。

研究グループは薬として実用化を目指すが、マイクロRNAは高価な上、投与すると血液中ですぐ溶けてしまうため、保護しながら、がん細胞に届ける研究をさらに進める必要がある。


しかし、世界は抗癌剤などの膨大な癌利権をもつ製薬会社とそこで暴利をむさぼっている医療業界がある。
この医薬業界がだまってみているとは思われないのだが。

鳥取大が発見!ガンは容易に正常な細胞へ変えることができる。

出典 http://matome.naver.jp



☛ このキュレーションサイトが無料で使えます!
↓  ↓  ↓

【WE HAVE A DREAM project】(マニュアル付き)



☛ 保険料月1000円!自動車保険でカバーしきれない加害者のあなたを補償!
  入会金10000円で、個人保険代理店になりませんか!
↓  ↓  ↓

【 ドライブプロテクト 】



☛ SIMフリー&格安スマホ個人取扱事業のご案内!
 毎月の通信費を節約し、継続的安定収入を獲得したい方へ!
↓  ↓  ↓



☛ ≪infotop殿堂入り商品≫ Twitterアフェリ総合パッケージ!
↓  ↓  ↓


☛ インスタグラムで集客!できるの?
↓  ↓  ↓



リバイタス
1
  • 今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

ディフィンドフューチャー

月別アーカイブ

指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?