私の息子が大学生とランチを食べる!? 写真を見た瞬間、母は涙…

感動・話

私の息子が大学生とランチを食べる!? 写真を見た瞬間、母は涙…

『息子の向かい側に座ってくれた彼は、私にとってヒーロー』

私はよく、自分が中学生だった頃のことを思い出してしまいます。
友達はいたか、先生のことが好きだったか、いじめられていたか…。

いじめられた時、私は強がっていたけど、家でひとり泣いていました。
中学校は、私にとって恐怖…。私の息子は中学生だから、今とても心配なの。

これは失礼な言葉かもしれないけれど、私は正直、息子が自閉症だということに感謝しています。

自閉症は、恐怖から息子を守ってくれる盾だから…。

アメリカ合衆国のフロリダ州に住む、レア・パスケさん。
ある日、友人から一通のメールが届きました。

メールに添付されていたのは、昼食をとっている息子・ボーくんの写真。
その経緯を告げられたレアさんは、涙を流します。

一見普通の光景ですが、レアさんにとってこの写真は心から感動する1枚…。
その理由を、彼女は自身のFacebookに綴りました。

特徴的な身振り手振りを怪訝な目で見られても、本人は気付かない。
ひとりでお昼ご飯を食べていても、本人は気にしない。

私は、そんな息子に毎日こう聞いています。
「今日、なにか悲しいことはなかった?」
「今日は、お昼ご飯を誰と食べたの?」って。

息子はまれに誰かと食べているけど、ほとんどひとりぼっちみたい。
私はそんな彼を可哀想だと思うけど、本人は全然気にしていないの。
いつも笑顔で、とっても優しい子なんです。

今日、私の友達がこの写真を送ってきました。
「トラヴィス・ルドルフが、あなたの子どもと昼ご飯を食べてる!」って。

ビックリして「え、この人は誰?」と返したら、「FSU大学のアメフト選手よ!」…と。

どうやらFSU大学のアメフト部が、息子の中学校に来ていたそうです。

状況を把握した瞬間、私の目から急に涙が流れ始めました。

なぜこの大学生が、息子と一緒にご飯を食べてくれたのかはわかりません。
でも、私はこのことを一生忘れません。

今日だけでも、愛する息子がひとりでお昼ご飯を食べなくて、本当によかった。
息子の向かい側に座ってくれた彼は、私にとってヒーローです。

トラヴィス・ルドルフさん、本当にありがとう!
これから、ずっとファンとして応援します。

「僕は、あの子が自閉症だったなんて知りませんでした。
ただ、ひとりで食べている姿が気になったから、ピザを買って"一緒に食べてもいいかな?"って聞いたんです。
その後は、ご飯を食べながら2人でいろいろ話していました。

後日、あの子のお母さんの投稿を読んで涙が出ました。
あの時の男の子が、これから幸せな人生を歩めるように祈っています」

Leah Paske

出典 http://

1

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ