空気清浄機サリール

腸は第2の脳!

医療・医学

腸は第2の脳!
  • リバイタス
  • しじみにんにく
しじみにんにく

1. 脳の監視がなくても機能する臓器
腸は、脳からの信号を待つことなく消化という重要な機能を果たしています。

2. 1億個ものニューロン(脳細胞)が存在
食道から肛門まで続く約9mの腸には、無数のニューロン(脳細胞)が存在し、このニューロンの数は脊髄や末梢神経系よりも多い。

3. 腸は独自の神経系を持つ
腸の神経系は、消化や排泄を司る絶対者として、あらゆる機能を遂行している。

4. 脳に感情のサインを送る
腸には迷走神経という、神経が埋め込まれており、研究では、その繊維の最大90パーセントまでが腸から脳へと情報を運んでいることが明らかとなった。
言い換えると、脳は腸からの信号を感情として解釈しているのだ。

5. 胃腸障害は腸の”精神疾患” 
身体の調子を整える気分物質セロトニン、その95パーセントが腸の中で見ることができる。

6. 健康な腸は骨を守る
セロトニンと腸の関係は、マウスを使った実験で、腸からのセロトニン放出を抑制すると、骨粗しょう症の骨密度低下が抑えられた。

7.腸に宿る免疫細胞が病気から守ってくれる
腸には、70パーセントという大量の免疫細胞も宿している。
これは腸関連リンパ組織といい、外部からの侵入者を撃退するうえで大きな役割を果たす。


リバイタス
1
  • 今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?
  • 指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?